ampa2.jpg ampb10.jpg ampd5.jpg ampd6.jpg

スポンサードリンク ハワイを楽しむ!ハワイのホテル。ハワイ情報。

ハワイのレンタカーで交通事故…

昨日、レンタカーを借りてハワイの北、ノースショアとドールプランテーションへドライブ!

左ハンドルで右側通行で慣れるまで大変!
しかも、道の表示が少なくハイウェイへ入ろうと思ったら工事中……
海外線を通りかなり遠回りしてノースショアの後ドールプランテーションへ
朝9時に出発して返却時間のギリギリ、もう少しで到着する6時ちょっと前に後ろからコツン!
右折時に夕日がまぶしくてちょっと止まってしまい…

警察を呼ぶが、軽い事故とほとんど英語での会話が出来ないため案外早く
事故処理完了!
自動車保険に加入していたので特に問題なく返却

……疲れた……
ハワイのレンタカーは現地で借りるのが安いです
オープンカーでも1日$75(保険込み)
ピーク時以外はすぐに借りられます!
出来ればナビ付きの車がいいかも……

今日からは、バス移動です。
posted by aloha1 at 06:39 | hawaii

ハワイ到着

1月8日ハワイ着
思ったより空港は小さく迷うことなく出口へ

到着したらレイをかけてくれるのかな〜なんて思っていましたが、、、

何もなし

安くあげようとシャトルバスを待つがなかなか来ないのでタクシーを使う

ワイキキまで$32とチップ$4を払う

朝の到着なのでさすがに体が辛〜い

早く部屋へ入れたのでちょっと休憩

午後からワイキキ周辺を散歩して食材の買出し

そんなところです、、、


タグ:ハワイ
posted by aloha1 at 12:48 | hawaii

ハワイで挙式〜セントラル・ユニオン教会

先日、結婚を発表したタレントの羽賀研二(44)さんが挙式するのは、ホノルルの中心地に位置するセントラル・ユニオン教会。

セントラル・ユニオン教会は、英国人によって建てられた歴史を今に伝えながらも、ハワイらしい開放感あふれるロケーションで人気の教会。重厚なパイプオルガンと聖歌シンガーの歌声が響くなか、長いバージンロードを進みます。内部は、天井も柱も祭壇上部の十字架もすべて純白。両サイドの大きな窓から光が入り、神聖な輝きに満ちています。

挙式可能日:日曜午前、祝祭日を除く毎日
収容人数:約1000人
バージンロードの長さ:約35m
挙式のことば 日本語または英語
音楽:パイプオルガン、シンガー
フラワー・ライスシャワー:フラワーのみ可
住所 1660 South Beretania St. Honolulu


セントラル・ユニオン教会で挙式を手配できる会社は下記をご参考下さい。
http://www.brides-world.com/search/ch/ch131_Ch_Company.php






posted by aloha1 at 12:16 | hawaii

ハワイでレンタカーで快適ドライブ

海外旅行の旅ウェブ、『ハワイ・グアム お手軽レンタカーパック』

潮風を浴びながらのドライブは格別!
旅ウェブオプショナルツアーにてハワイ、グアム方面、レンタカーの取扱を開始いたしました。1日のみのレンタルから1週間以上のレンタルまで。様々なアレンジが可能。
エコノミータイプからラグジュアリータイプまで選ぶことができます。
出発前に日本で買えるクーポンで、海外での手続が簡単です。
しかも、日本円なので通過の交換レートなども気にする必要もなし。どんなに走っても料金は一定の嬉しい走行距離無制限。ロングドライブも安心です。また、面倒に感じられる保険については、ドライビングクーポンでは基本(強制)自動車損害補償保険と自車両損害補償制度(LDW/CDW)を予めセットになっています。
1島のみのご利用プラン、他の島でもご利用できるマルチパックから、返却場所が異なる乗り捨て可能(別途料金必要)なプランまで、詳しくは旅webへ(http://www.tabiweb.ne.jp/)ご相談ください。
好きなときに好きなところへ。
レンタカーを使った旅行でご自身だけのドライビングコースを見つけてみるもの楽しいですね。


タグ:レンタカー
posted by aloha1 at 13:29 | hawaii

ハワイで挙式

式の前にホノルルマラソンに初挑戦の前田は涙のWゴールイン ◆

 8月に入籍した俳優・前田耕陽さん(38)と姉妹漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」の姉・海原ともこさん(34)がハワイで10日に挙式を行いましたね。

 前田は式の前にホノルル市内で開催された「第34回ホノルルマラソン」にも初挑戦。故障を抱えながらも強行出場し7時間30分で、42・195キロ完走し、「マラソンも式も泣きっぱなしでした」と涙のWゴールインとなったようです。
「海外ウエディングはリラックスできて、おなかも一段と大きくなったようです」と、来年4月上旬に出産予定のともこは幸せたっぷりのコメントでした。

 来年1月28日に特別番組「やすとも&前田耕陽のハネムーンINハワイ(仮)」が放送されます。
ハワイで挙式を考えてる方はご参考に!


posted by aloha1 at 09:45 | hawaii

ハワイでウエディング

ハワイオアフ島にはウェディングドレスやタキシードのレンタルをはじめ、教会から挙式後のパーティ、その他リムジンの手配などトータルでコーディネートしてくれる会社が充実しています。
日本語もOKなので直接手配してみてはいががでしょう?

ハワイオアフ島にある現地ウェディング会社

山野愛子サロン・オブ・ビューティ  [ 美容室 ]
Hawaii Prince Hotel 100 Holomoana St. Suite 520 Honolulu, Hawaii 96815
電話:(808) 942-2450
ウェブサイト:www.beautytop-yamano.com

ブライダル・エンポリウム  [ レンタル衣裳 ]
250 Ward Ave. Suite 170 Honolulu Hawaii 96814
電話:(808) 596-8281, 593-9199(日本語専用)

リナ・アリヨシ・ウェデイングサービス  [ レンタル衣裳 ]
ANA Kalakaua Center 6Th Floor 2155 Kalakaua Ave. Honolulu Hawaii 96815
電話:(808) 971-0900, 00531-127550(フリー)
ウェブサイト:www.ohgiya.co.jp

タキシード・ジャンクション  [ レンタル衣裳 ]
1218 Waimanu St. Honolulu Honolulu 96814
電話:(808) 597-1196
ウェブサイト:www.matzki.com

デザインズ・バイ・ヘミングウェイ  [ フラワー ]
電話:(808) 539-2409
ウェブサイト:www.designsbyhemingway.com

クチュールナオコ  [ ウェディング手配会社 ]
Nicos BLD D・F・S 2222 Kalakaua Ave. #1301 Honolulu Hawaii 96815
電話:(808) 923-3400
ウェブサイト:www.couture-naoco.com

グローバル・ブライダル・サービス  [ ウェディング手配会社 ]
2155 Kalakaua Ave. #700 Hawaii 96815
電話:(808) 922-1050
ウェブサイト:www.hawaii-gloria.com

ハワイ・ブライダル・サービス  [ ウェディング手配会社 ]
2825 S.Kings St, Suite1903 Honolulu Hawaii 96826
電話:(808) 941-4401
ウェブサイト:www.hawaiianbridal.com

アイランド・ウィンド・ハワイ  [ ウェディング手配会社 ]
1440 Kapiolani Blvd. Suite 108 Honolulu Hawaii 96814
電話:(808) 948-9030
ウェブサイト:www.island-wind.com

J ウェデイング・スペース  [ ウェディング手配会社 ]
2334 South King St. Suite 205 Honolulu Hawaii 96826
電話:(808) 220-6628
ウェブサイト:www.vieparc.com/jwedding/index.htm

ラ・マリアージュ・ブライダルサロン  [ ウェディング手配会社 ]
Waikiki Trade Center 2255 Kuhio Ave. Suite 1220 Honolulu Hawaii 96815
電話:(808) 924-2030

マサコ・フォーマル  [ ウェディング手配会社 ]
716 Cooke Street, Honolulu Hawaii 96813
電話:(808) 947-2696
ウェブサイト:www.masakoformals.com

ムーンシェル・ハワイ・ウェディング  [ ウェディング手配会社 ]
2155 Kalakaua Ave. Suite 718 Honolulu Hawaii 96815
電話:(808) 923-0770
ウェブサイト:www.moonshellhawaii.com

オーシャン・ウェディング  [ ウェディング手配会社 ]
Waikiki Beach Marriott, 2522 Kalakaua Avenue, Suite 203,Honolulu Hawaii 96815-3699
電話:(808) 926-2800
ウェブサイト:hawaii.joyful-eli.com/

ワタベ・ウェディング  [ ウェディング手配会社 ]
2270 KalakauaAve.,9・10F Honolulu, Hawaii 96815
電話:(808) 931-4111
ウェブサイト:www.watabe-wedding.co.jp/overseas/index_os.html

などまだまだありますが・・・


posted by aloha1 at 14:07 | hawaii

ザ・バスでハワイオアフ島観光@

@ホノルル・ダウンタウン&チャイナタウン
アラモアナ・センターはここ5、6年、駐車場の増設などを含む大がかりな改造で ますます拡大しています。アラモアナ・センターがオープンした1959年は、ハワイがアメリカ合衆国の50番目の州として立州し、さらに初めてジェット旅客機がホノルル空港に乗り入れ、観光地としての地位を確立し始めた重要な年でもありました。アラモアナ公園の、岩礁でできた浅瀬が埋め立てられ、マジックアイランドが建設されたのもこの頃です。

52番バスはセンターのターミナルを出発すると、カピオラニ大通りをダウンタウンに向かいます。一旦海側のアラモアナ大通りに出てから右折、カピオラニ大通りを左に曲がって西に進みます。ワード街との角にある州最大の屋内アリーナ、ニール・ブレイズデール・センターは、スポーツとエンターテインメントのメッカ。1970年代から、プ ロレス、日本の大相撲巡業、ブロードウェイのミュージカル、さらにロックコンサートまで幅広いイベントが催されています。

バスは間もなくベレタニア通りに入ります。ホノルル・ダウンタウンの入り口となるこの一帯は、州とホノルル市の心臓部で、州議会議事堂などのある司法、行政地区となっています。海側のキング通りには州政府ビルやホノルルの市庁舎、州最高裁判所、さらに旧ハワイ王朝のイオラニ宮殿などが連なっています。イオラニ宮殿の筋向かいにある広場には、1795年にオアフ島の軍勢をヌアヌ・パリの戦で破ってハワイを統一したカメハメハ大王の銅像が立ち、6月11日のカメ ハメハ・デーには毎年、長さ5メートルを超える色とりどりのレイで飾られて、通りがかる人々の目を楽しませます。

チャイナタウンの小売店の店頭には、ローカル色の強い農作物や地元で獲れる様々な魚類、肉類などが並びます。スーパーなどに比べると格安で新鮮なため、特に週末や祭日には、歩道が多くの買い物客で埋まります。季節によって、リリコイ、スターフルーツ、マウンテンアップル、グアバ、マン ゴーなどのトロピカルフルーツから、ミョウガ、蓮、ゼンマイ、中国のチョイサム、 バックチョイ、さらにパリアやウンチョイなどフィリピンの野菜までが並び、それに アンセリアムやジンジャー、バーズオブパラダイスなど南国特有の花があでやかに色を添えます。

「チャイナタウン」と呼ばれてはいるものの、現在ではベトナム人など東南アジア人 から韓国系人、日系人、白人まで、多様な人種がビジネスを経営し、それを反映するかのようにバラエティーに富んだ食べ物を楽しむことができます。ヌアヌ川沿いにあるベトナムレストランはライスヌードルで人気があり、昼食時には毎日、長い列ができるほどです。住民も中国系人だけではなく、ハワイアンはもちろん、1800年代の末期ごろには、砂糖キビ耕作地の労働者として移民してきた日本人も多く住んでいました。

チャイナタウンのある一帯は大昔、ハワイアンが築いたフィッシュポンド(いけす)などがあった沼沢地で、1992年に行われた考古学調査では、土壌の中から古代ハワイアンの釣り針や石斧、さらに初期のヨーロッパ人移民が使っていたとみられる陶器 や日用品などが見つかっています。現在では中国暦のお正月には毎年、華やかなセレブレーションが開かれ、パレードやクラフト・フェア、エンターテイメントなどの見物客で賑わいます。

チャイナタウンへの西側の入り口となるヌアヌ川を越えると、右手にアアラ公園、その筋向かいに、情緒ある建物が目に入ります。この建物は19世紀の末に建設され、当時ハワイの政治・経済のカギを握っていた砂糖産業の耕作地を連結した鉄道の駅でした。建物は一時、老朽化が進んでいたのですが、修復され現在は州政府が使用しています。




posted by aloha1 at 13:58 | hawaii

ハワイの島々〜オアフ島

世界有数のリゾート地ハワイの中心として発展したオアフ島
州都ホノルルは、ハワイ経済・政治の中心です。
オアフ島がリゾートとして発展したきっかけは、その美しい自然と過ごしやすい気候に魅了された王族たちが、この地に次々と別荘を建てたことがきっかけだったといわれています。
さらに、1845年にカメハメハ3世により、王朝の首都がホノルルに移され、発展が加速していきました。
オアフ島の魅力は、安定した気候と、恵まれた自然に加え、子ども連れのファミリー旅行から、ゆとりとくつろぎにこだわった最上級のバカンスまで、あらゆる旅行者のニーズに応えてくれるホスピタリティ、そして世界でも屈指の規模を誇り、有名ブランドがそろったショッピングだといえるでしょう。世界中からのこの島への旅行者は500万人以上にのぼります。オアフ島はそのニックネーム通り、まさに「集いの島」なのです。

オアフ島の気候
温暖な亜熱帯気候は、1年を通じて、四季のはっきりした変化はありません。ホノルルでは夏季の日中の最高気温は29.4〜30.6℃、夜の最低気温は21.1〜23.3℃、冬季の日中の最高気温は21.1〜23.3℃、夜の最低気温は18.3〜20.6℃です。冬は夜の気温が下がるので、長袖の準備が必要です。山間部では、さらに気温較差は大きくなりますので、注意が必要です。

交通機関
オアフ島内にはザ・バスというバスの交通網があり、主な観光地への移動に利用できます。ほかに、ホノルル市内ならば、主要スポットを回るワイキキ・トロリーが便利です。空港から主なホテルをまわっているワイキキ・エクスプレス、ショッピング・センターのシャトル・バスも運行されています。
ホノルル以外の地域では、タクシーやレンタカーが便利です。

主な観光スポット

イオラニ宮殿
アメリカでは唯一の宮殿。1882年に建設されました。100室以上の部屋がある壮麗な宮殿です。地下にはギャラリーも。日本語のツアーは毎日午後12時半に行われています(日曜と月曜は休館)

カイルア・タウン
最近はウィンド・サーフィンのスポットとして人気急上昇中のカイルア・ビーチ・パークのある町。ショッピング・センターなどもあり、のんびり楽しめます。

カピオラニ公園
1877年にカラカウア王によって寄贈された土地につくられた公園です。
サッカーやテニスなどが無料で楽しめ、年間を通してさまざまなイベントが開催されています。
ホノルル・マラソンのゴール地点としても有名です。

クアロア・ランチ
ハワイ最大級のアミューズメント・パーク。アクティビティが豊富で、乗馬や四輪バギー、アドベンチャー・ツアーなどの陸上のものだけでなく、シュノーケリングやジェット・スキーなど、マリン・スポーツも楽しめます。

コンテンポラリー・ミュージアム
1940年以降のコンテンポラリー・アートを中心にした美術館です。
定期的に企画展が行われ、展示がかわります。美しい庭園も見所のひとつです。

シー・ライフ・パーク
イルカやアシカのショーをはじめ、各種アトラクションが目白押しの海洋レジャー・パーク。イルカに触れたり調教したり、海洋動物の保護の仕方を学んだりとさまざまな体験ツアーがあります。

ダイヤモンド・ヘッド
ハワイの象徴。現在は死火山。
標高232mの頂上からは360度の大パノラマを見ることができます。

タンタラスの丘
ワイキキの夜景が美しい地元で人気のデート・スポット。

チャイナ・タウン
ワイキキから車で20分ほど。ここには、中国料理店やレイのお店が集まっている所としても有名です.このエリアのシンボルとなっているのが、マウナケア・マーケットプレイスです。

チルドレンズ・ディスカバリー・センター
1998年オープン。ハワイをはじめ、世界の歴史、文化、生活を子どもたちが楽しく体験できます。イベントもあります。

ドール・プランテーション
1998年に完成し、ギネスに公式登録された、巨大迷路が大人気。
ビジター・センターでは名物パイナップル・ジュースやソフトクリームを。

ハナウマ湾
海洋生物保護区。シュノーケリングなどで、400種を超える海洋生物の観察ができます。

ハレイワ・タウンおしゃれなブティックやギャラリーが並び、ノスタルジックな雰囲気のある町です。
サーファーが集まる町としても有名です。

ハロナ潮吹き穴
海面下にある、溶岩洞窟にたまった海水が、岩の裂け目から吹き上がります。

ハワイ・プランテーション・ビレッジ
砂糖工場の町だったワイパフ。1930年代の最盛期の町並みが再現されています。
工場で働いていた移民の生活ぶりが今に伝えられています。日本家屋もあります。

ハワイアン・ウォーターズ・アドベンチャー・パーク
島の西側にある、子どもからシニアまで、ファミリーで楽しめる水のテーマ・パーク。さまざまなタイプのウォーター・スライダーが人気です。




ハワイ州立美術館
ダウンタウンに2002年にオープン。19世紀のカメハメハ5世の時代につくられた王家のゲスト用ホテルを改装したもの。
ハワイ、日本、アジアの作家の作品が収蔵されています。
ビショップ・ミュージアム
王家ゆかりの美術館。ハワイ王朝の栄華を物語る装飾品や、貴重な文化遺産などの美術工芸品約20万点、昆虫標本約350万点、植物標本約25万点を収蔵。
平等院
日本人の移民100周年を記念して、バレー・オブ・ザ・テンプルズ記念公園に1968年に建立された寺院です。平等院を模した建物には、阿弥陀如来像が安置されています。美しい日本庭園や茶室もあります。
ホノルル・アカデミー・オブ・アーツ
美術コレクター、クック夫人が1927年に設立したハワイ最大の美術館。世界中の貴重な美術品約3万3700点を収蔵。
日本の尾形光琳や葛飾北斎などもあります。美術館の建物は国と州の重要建築物に認定されています。
ホノルル動物園
300種類もの動物を展示しているハワイ随一の動物園。自然をそのまま再現したアフリカ・サバンナが大人気です。
ポリネシア文化センター
7つのポリネシアを代表する島々、ハワイ、サモア、アオテアロア(ニュージーランド)、フィジー、タヒチ、マーケサス、トンガの村々が再現されているテーマ・パーク。いろいろな島々の歴史や文化を体験できます。
アラモアナ・ビーチ・パーク
アラモアナ・ビーチ・パークの南側に半島のように突き出ているのがマジック・アイランド。埋め立てで作られたものですが、芝生の心地よい空間になっていて、週末にはバーベキューなどを楽しむ家族連れでにぎわいます。
ミッション・ハウス博物館
1820年にアメリカ本土から来た宣教師の活動拠点で、ハワイ最古の木造建築。
当時の宣教師たちの生活様式の展示もあります。
ワイキキ水族館
約2,000種の海洋生物を展示。珊瑚の成長過程の展示などもあり、ハワイの海について楽しく学べます。
ナイト・ツアーもあります。
ワイメア湾
ハワイ屈指のサーフ・ポイント。特に冬にはノース・ショア周辺でも一番の大波が押し寄せます。
夏は波がおだやかで、シュノーケリングもできます。サーファー、エディ・アイカウの記念碑もあります。
ワイメア渓谷
熱帯植物が生い茂る渓谷の公園。かつてのハワイ王家の別荘地で乗馬、マウンテンバイクなどのスポーツなどもできます。
古典フラのショーも人気。



タグ:オアフ島
posted by aloha1 at 16:59 | hawaii

ハワイの島々〜ハワイ島

ハワイ諸島の中で、最も新しく、「ビッグ・アイランド」のニックネームの通り、ハワイ州最大の島がハワイ島
島の中央部には、ハワイ州最高峰マウナ・ケアと、噴火を続けるキラウエア火山のあるマウナ・ロアという4,000m級の山が並び立っています。このふたつの山の東側は熱帯樹林地域、東南部は火山地帯、西側は晴天が多くて海もおだやかなリゾート地、北側は高原地帯と、同じ島の中に異なる気候のエリアが存在しているのも、ハワイ島の特徴です。
ハワイ島は、18世紀にハワイを統一した英雄カメハメハ大王の出身地で、島内には王家にまつわる史跡や、古代ハワイアンの生活や歴史を辿ることができるスポットがたくさんあります。また、個人所有としてはアメリカ最大の牧場や、コナのコーヒー園、ヒロのマカデミアナッツ園など、さまざまなハワイの産業に触れることもできます。

主な観光スポット

コハラ・マウンテン・ロード
ハヴィからワイメアへ通じるハイウェイ250号線のことです。
最も標高の高いところは1,000mを超え、キラウエアの火口や水平線の彼方にマウイ島を見ることもできます。

セント・ピーターズ教会
別名「リトル・ブルー・チャーチ」ともいわれ、世界で2番目に小さな教会。
1889年に建設され、コナの海をバックにしたキリストのレリーフが有名で、人気のウェディング・スポットです。

ナニ・マウ・ガーデンズ
広大な敷地には、世界中の植物が集められています。散策コースとしても人気のスポットです。

パーカー・ランチ
個人所有としてはアメリカ最大規模を誇る広大な牧場。
歴代の牧場主が住んでいた邸宅なども見学できます。

ハワイ・ヴォルケーノズ国立公園
活火山キラウエアを中心とした国立公園。
大自然の強大な力を間近に見ることができます。

ハワイ・トロピカル植物園
2,000種類以上の熱帯植物が生い茂っている植物園。滝、池、木のつり橋があり、本物のジャングルの醍醐味を味わえます。

プウホナウ・オ・ホナウナウ国立歴史公園
「逃れの場」を意味する聖域で、カプーの掟を破った王族がその罪をつぐなった場所です。復元された神殿やトーテムポールのような神像などを見ることができます。


プナルウ黒砂海岸
海に流れ出た溶岩が急激に冷えてできた黒い砂の海岸。午後にはウミガメの姿が見られます。

ホノコハウ・マリーン
ハワイ島の西海岸は、世界的なトーナメントが行われるトローリングのメッカです。
カジキマグロ、キハダマグロ、マヒマヒ(シイラ)といった魚とのエキサイティングなゲームが1年を通して楽しめます。

ポロル渓谷
濃い緑におおわれた渓谷のすぐ下は荒波のうち寄せる海岸になっていて、ダイナミックな景観が楽しめます。

ホワイト・サンズ・ビーチ
グリーンの海と白砂のビーチのコントラストが美しい海岸です。波がおだやかで、ボディボードやカヤックも楽しめます。

マウナ・ケア
標高4,205mのハワイ最高峰。マウナ・ケアというのは「白い山」という意味で、12〜5月頃まで、山頂付近は雪におおわれます。また山頂付近には、いくつもの天体観測所があります。サンライズが特に美しく、ツアーもあります。

ラパカヒ州立歴史公園
神殿、住居、カヌーなど、古代の漁村の生活を再現した公園です。海水から塩を作る方法の展示などもあります。

レインボー滝太陽光線の関係で、早朝によく虹が出ることに名前の由来があります。落差24mで、流れ落ちる水は2つの流れとなっていて、大きな滝つぼに落ちています。滝の下にある洞穴はマウイの母ヒナの住みかともいわれています。

ワイピオ渓谷
海に面した断崖の眺望がダイナミックなことで知られています。
渓谷内にはタロイモ畑やグァバなどの果樹園が広がっています。

タグ:ハワイ島
posted by aloha1 at 16:51 | hawaii

ハワイの島々〜マウイ島

マウイ島は18世紀にハワイ諸島を統一したカメハメハ王朝の時代に拠点とした島です。
ラハイナ、カアナパリ、ワイレアといった世界有数のリゾートがあります。現在マウイ島を訪れる観光客は年間200万人を数え、オアフ島に次いで観光客に人気の高い島となっています。
マウイ島の観光の一番の人気は、ラハイナから出発するホエール・ウォッチング。このエリアには、クジラが出産のために集まってきます。かつてラハイナ港は、このクジラを目当てにした捕鯨船が集結し、今でもその名残を島のあちらこちらで見ることができます。
マウイ島のニックネームは「渓谷の島」。ハレアカラ山を中心とした広大な国立公園と、イアオ渓谷、白い砂浜の海岸やオヘオの池などの自然と古代植物を見ることができるハナなど、ダイナミックな自然美を堪能することができます。

主な観光スポット

イアオ渓谷州立公園
プウ・ククイ山の東側にある自然公園。
熱帯樹林には、イアオ・ニードルなどを見ることができます。

オヘオの池
川の浸食によってつくられた自然のプールで、古代ハワイアンが「禊ぎ(みそぎ)」をした場所として知られています。河口にある橋は、ビュー・ポイントです。

カアナパリ
ホテル、コンドミニアム、ゴルフ場が多く、世界有数のリゾート地のひとつ。なだらかに続く白砂の海岸線はマリン・スポーツの人気スポットになっています。

カハナ池
周囲が湿地帯に囲まれた池で、絶滅が危惧されているクロエリセイタカシギのための鳥獣保護区となっています。
ほかにシギやオオバンといった野鳥の観察ができます。

クラ植物園
広大な園内では、多くの熱帯植物を、自然のままの状態で見学できます。
ピクニック・エリア、ウェディング・ガーデン、ギフト・ショップなどもあります。

サトウキビ列車
かつてはサトウキビの運搬に使われた蒸気機関車が、観光列車としてラハイナとカアナパリ間を往復しています。
片道約30分、1日4往復運転されています。ガイドさんの個性的な案内が人気です。

バニアン・ツリー
1873年に植樹され、現在はハワイ諸島随一の大木になったベンガル菩提樹です。
とても大きな木陰は、憩いの場所になっています。

ハレアカラ国立公園
マウイの屋根ともいわれるハレアカラ。ここからのサンライズ見物は特に人気です。クレーター周辺のトレッキングや乗馬ツアー、バイク・ツアーなどアクティブにも楽しめます。

ホエラーズ・ビレッジ
海辺にあるショッピング・センター。旅行者に人気が高く、世界の一流品から、ハワイならではのアロハや、コア・ウッドのグッズ、アクセサリーなどのショッピングができます。ビーチ側のレストランでは、美しい夕日を見ながらディナーも。

マウイ・オーシャン・センター
マウイ島最大の水族館。
サメ、エイ、熱帯魚など、60種類以上の海洋生物を見られます。

マウイ・トロピカル・プランテーション
パイナップルの農園を中心に、マウイ島の特産品や工芸品がそろっています。敷地内のトラム・ツアーが人気です。

モロキニ島
カナヘナの沖合に浮かぶクロワッサン形の小さな島。
シュノーケリング・ツアーが人気で、色鮮やかなトロピカル・フィッシュに出会うことができます。

ラハイナ・タウン
捕鯨で栄えた町。その当時の面影を残す木造建築の街並みが、ノスタルジックな雰囲気です。アート・ギャラリーが多く、散策に人気。また各種マリン・アクティビティの拠点ともなっています。

その他の植物園
マウイ島には、ハワイ固有の植物を見ることができる「カハヌ・ガーデン(国立熱帯植物園)」、子ども向け教育プラグラムが充実している「ハワイ・ネーチャー・センター」、ハワイアンの生活で利用されてきた食用・医療用植物が中心の「ケアナエ植物園」日本人が経営する「エンチャンティング・フローラル・ガーデン」、南国の代表的な花プロテアを集めた「プロテア・ファーム」などがあります。





タグ:マウイ島
posted by aloha1 at 16:46 | hawaii

ハワイの島々〜ラナイ島

マウイ島の西15kmに浮かぶ島ラナイ島
かつてはパイナップル産業が盛んでしたが、1966年以降、大規模なリゾート・ホテル、ゴルフ・コースが建設され、世界でも屈指のリゾートに変貌をとげました。ラナイ島は「静寂の島」のニックネームで呼ばれています。自然の息吹が直接耳に届いてくるような静かな環境は、都会の喧噪を忘れさせてくれます。
ビーチやリゾート・ホテルがあるのは島の南側。ラナイハレの西の麓には、島唯一の町ラナイ・シティがあります。ここはかつてパイナップル農園の労働者たちのためにつくられた町で、ノーフォーク松の並木の美しく、こじんまりとした静かなたたずまいの街並みが魅力です。小さな島でありながら起伏に富んでいるので、少し車で走るだけで、マウイ島モロカイ島など、ハワイの島々が浮かぶ美しい海を見渡すことができます。

主な観光スポット

神々の庭園
赤褐色の大地に巨石が無数にころがっていて、日の出、日の入り時刻には、神秘的な光景を目の当たりにすることができます。

シップレック・ビーチ
島の北東部にある白砂のビーチ。
船の航行の難所だったため、沖合には難破船がそのままに残されています。

スイートハート・ロック
マネレ・ベイにある伝説の岩。愛妻を波にさらわれた男が、この岩に愛妻を葬り、海に身を投げたという伝説のある岩です。

チャレンジ・アット・マネレ
ジャック・ニクラウス設計のゴルフ・コース。断崖沿いにレイアウトされたコースは、起伏に富んでいて、その美しさで世界中のゴルファーを魅了しています。名物は海越えの12番、13番、17番ホール。

フロポエ湾
ラナイ島随一の美しいビーチ・パーク。砂浜の東側には大きなタイド・プールがあり、シュノーケリング・スポットとして人気。






ポリフア・ビーチ
ポリフアというのは「胸の中の卵」という意味で、この海岸にはアオウミガメが訪れます。白い砂の美しさが印象的です。
マンロー・トレイル
島にノーフォーク松を移植したニュージーランド人、ジョージ・マンローの名が付けられたラナハレ山へ続く山道。全ルートがダートで、車での走破には約3時間かかります。トレッキング・ツアーもあります。

ラナイ・シティ
ラナイ島の中心。碁盤の目のように整備された美しい町で、島の住民のほとんどがここで暮らしています。町の中心にあるドール・パークは市民の憩いの場になっています。
ルアヒアの石文字
ラナイハレ山麓にあります。ハワイ各地にあるペトログリフの中でも、鮮明で規模が大きいことで知られています。



タグ:ラナイ島
posted by aloha1 at 16:40 | hawaii

ハワイの島々〜モロカイ島

マウイ島の北東にあり、ハワイ諸島で5番目の面積の島がモロカイ島です。
他の島に比べると、観光スポットは多くありませんが、ゆっくりと自然を堪能できる大人のリゾートとして人気急上昇中です。
島民の半分以上がネイティブ・ハワイアンの血をひいていて、ハワイアンの伝統や風習が大切に受け継がれています。かつてはパイナップル産業の一大拠点でした。カウナカカイには、当時の面影を残すノスタルジックな木造家屋を見ることができます。島の西部は丘陵地で、バッファローが放牧されているサファリがあり、東側にはカマコウなどの高い山があります。
モロカイ島は「友情の島」のニックネームで呼ばれています。これは観光客にも友人のような親しみを込めて挨拶してくれる島の人々と出会ったときに実感できる、この島の魅力のひとつです。

主な観光スポット
カウナカカイ
約1,000人の島民が暮らすモロカイ島最大の町。ベーカリー、食道、釣具店など約30件の店が並び、島の生活をうかがえる素朴な雰囲気です。

カプアイワ・ココナッツ・グローブ海沿いにたくさんのココナッツの木が植えられています。この木はモロカイ育ちのカメハメハ5世によって植えられたものです。

カマコウ山
標高1,512mと島で最も高い山がカマコウ山です。一帯は自然保護区になっていて、手つかずの熱帯雨林の森が広がり、250種類以上のハワイ原産の植物や、珍しい鳥が生息しています。

カラウパパ
モロカイ島北端にあり、世界一高低差のある断崖と、広い海岸線が美しく、国立公園に指定されています。

カラウパパ・ミュール・ライド
カラウパパ国立公園の秘境の谷へ、馬とロバを掛け合わせたミュールに乗って下っていくツアーです。途中はミュール1頭がやっと通れる位の細い急斜面もあり、スリル満点です。

ダミアン神父ゆかりの史跡
聖人に列せられるダミアン・ヨセフ・デ・ヴェスター神父が、ハンセン病患者救済のために1873年からこの島で16年間活動。神父が建立した「苦悩の聖母マリア教会」や「セント・ヨセフ教会」、「セント・フィロメナ教会」などゆかりの場所が、その偉業を現代に伝えています。

ディキシー・マル・ビーチ
モロカイ島の西端にあるビーチで、神秘的なゴールド色の砂浜として有名です。ハワイの先住民は「カプカヘル」と呼んでいましたが、現在は近くで沈んだ船の名にちなんで、この名で呼ばれています。

パポハク・ビーチ
ハワイで最も大きく美しい白砂のビーチです。島の西端にあたるので、サンセットの美しさがひときわです。ビーチ・パークもあり、キャンプなどもできます。

パラアウ州立公園
アイアン・ウッドなど40種類以上の樹木のある森林公園。展望台からは、カラウパパの美しい街並みを見渡すことができます。

ハラワ渓谷
ハラワ湾を望む渓谷。渓谷には、落差があって美しいモアウラ滝までのトレイルが続き、トレッキングの人気コースになっています。

ファリック・ロック
古代ハワイアンの時代から、「子宝の神様」としてまつられてきたのが、カラウパパ展望台の近くにあるこの岩です。

マウナロア・ハイウェイ
モロカイ・ランチからカウナカカイへ向かう道路がマウナロア・ハイウェイ。乾燥した土地が、突然緑の大地に変わる様が圧巻です。渋滞などはなく、快適なドライブが楽しめます。

モロカイ・ランチ
100年以上の歴史がある牧場です。カウボーイの歴史や文化を体験できます。特にロデオの体験が人気です。毎年11月には盛大なロデオ競技会が開催されています。





タグ:モロカイ島
posted by aloha1 at 16:35 | hawaii

ハワイの島々〜カウアイ島

ハワイの8島の中で、最も古い島がカウアイ島です。
カウアイ島は、ハワイ諸島の中で、最も早くポリネシア人が住み着いた島としても知られています。 
カウアイ島は、数百年前の火山活動で誕生し、島の中央にそびえるワイアレアレとカワイキニのふたつの山もこの火山活動で誕生しました。ワイアレアレの山頂付近はいつも雨雲におおわれ、その風雨が長い歳月のうちに、溶岩の大地に深い峡谷を刻み、熱帯雨林を育み、ナ・パリ・コーストやワイメア渓谷に代表されるカウアイ島の起伏に富んだ美しい自然を作り上げたのです。この自然美が「ガーデン・アイランド」というニックネームで呼ばれるゆえんです。
19世紀にはいると、サトウキビが植えられ、ハワイのプランテーション産業の先駆けとして発展してきました。しかしサトウキビ産業は衰退し、農業の中心はタロイモの栽培になりました。生産量はハワイ州でトップを誇っています。
現在は、ダイナミックな自然の魅力を生かした観光が、島の経済を支えるメインの産業になりました。人気のリゾートは北部のハナレイやプリンスヴィル、南部のポイプやコロアです。

主な観光スポット

キラウエア灯台
カウアイ島最北端にある灯台。1931年に建造され、回転式灯台としては世界最大のものです。周囲は鳥獣保護区。

シダの洞窟
ワイルア州立公園の桟橋近くの原生林にある洞窟。
かつては王族の結婚式や集会が行われた神聖な場所。

ツリー・トンネル
オールド・コロア・タウンからリフエに向かう国道520号線には、美しいユーカリ並木のトンネルがあります。女神ペレが人間に変身して現れて、車を止めるという伝説がある場所でもあります。

ナ・パリ・コースト
断崖絶壁が続く海岸。
大自然の造形を楽しむには、クルーズかヘリコプターツアーで。

ハナペペ川
ハナペペ渓谷を流れるハナペペ川流域には、映画「ジュラシックパーク」に登場した滝があります。陸上からのアクセスは困難なので、ヘリコプターなどによる空の遊覧で見学します。

ハナレイ
「虹の里」ともいわれる素朴なオールド・タウンがハナレイ。近くには弧を描いた美しい海岸ハナレイ・ビーチがあります。このビーチはカヤックやサーフィンのメッカとして、また映画「南太平洋」のロケ地としても有名です。

ポイプ・ビーチ・パーク
リゾート・ホテルが点在するエリアにあり、シュノーケリングなどが楽しめ、ファミリーにも人気。

ポイプのスパウティング・ホーン
熔岩の裂け目から、轟音とともに高さ20mもの高さに潮を吹き上げます。その不気味な音は「悪魔のうめき声」ともいわれるほどです。満潮時は特に豪快です。

メネフネ養魚池
フレイア川河口に造られた人工池。カウアイの伝説の先住民メネフネが造ったと伝えられています。
リマフリ・ガーデン
人間と自然の共生をテーマとしてつくられた植物園です。1997年にアメリカ園芸協会から、「最高の自然植物園」として表彰されたハワイ屈指の植物園です。

ワイメア渓谷
深く険しい谷が続く渓谷です。渓谷内には、いくつかの展望台があり、それぞれに大パノラマが楽しめます。

ワイルア川
ワイルアは2本の水という意味。河口近くには遊覧船の発着所があり、ここからシダの洞窟までクルーズが楽しめます。またさらに上流には、虹がよく出ることでも有名なワイルア滝があります。

posted by aloha1 at 16:31 | hawaii

半日で周るホノルル観光〜歴史編

いつも観光客でにぎわうハワイ・ワイホノルルですが、静かに息づいているハワイの歴史を知れば、楽園の別の顔が見えてきます
カメハメハ1世が1810年に全土を統一して以来、およそ1世紀、8代にわたって続いたハワイ王朝。ワイキキを中心に、その歴代君主の肖像や邸宅跡を巡ってみましょう。

まずは、
イオラニ宮殿
王朝7代目のカラカウア王により1882年に完成。王室の執務や社交の場でした。日本語のツアーに参加して、まずここでハワイ王朝の世界に触れましょう。内部の見学はガイド付きツアーのみ可。ただしギャラリー(地下)は個人で見学できます。
カメハメハ大王像
ハワイ諸島の統一という偉業を遂げたカメハメハ大王。最初にイタリアで完成した像はハワイに運ばれる途中、船が沈んでしまい、再び作られたこの像が1883年に登場しました。誕生日とされる6月11日にはたくさんのレイがかけられます。
カラカウア像
”メリー・モナーク(陽気な王様)”と、人々に親しまれたカラカウア王は、“日本人移民の父”でもあります。この像は官約移民100周年を記念して建てられたもの。労働力が不足していたハワイへの、より一層の移民を日本に要請したのです。
ルナリロ王の夏の別荘跡
観光客の絶えないインターナショナル・マーケット・プレイス内に、ハワイ初の選挙で選ばれた6代目の君主、ルナリロ王の別荘がありました。モロカイ島にハンセン病の施設を設けるなど、短い在位でしたが多くの功績を残しました。
カラカウア王邸跡
キングス・ビレッジが建つエリアには、かつてカラカウア王の2階建ての大きな家がありました。“陽気な王様”らしく、そこで盛大にパーティを開いたようです。フラを甦らせウクレレの普及にも貢献するなど、ハワイ独自の文化に寄与した王ですが、ワルツも楽しんでいました。
アイナハウ公園1899年に23歳で夭折したカイウラニ王女が育った地。花と木々に包まれた王女一家の邸宅は、ハワイで最も美しい家と言われていました。園内に、可愛がっていた孔雀と戯れる王女の銅像があります。
クヒオビーチ
ハワイの古に思いを馳せた1日のしめくくりには、ビーチでのトーチ・ライティング(たいまつの点灯式)&フラ・ショーで伝統文化に浸りましょう(18時〜19時、無料)。

バスや徒歩でも周れます。




posted by aloha1 at 12:10 | hawaii

格安ハワイツアーをお探すなら、今すぐチェック♪

格安ハワイツアーをお探すなら、今すぐチェック♪

嬉しい特典色々!
☆朝食付きコース
毎朝食付きのコースあり。詳しくはホテル欄にて!
☆お子様ミールフリー
子様のお食事が無料になります!正規料金で召し上がる大人1名様につき同伴のお子様1名様対象。
☆納得キッズ代金
ベッドを使わないお子様がおトク!お子様ミールフリー利用可
☆携帯電話無料レンタル
滞在中の連絡や日本への国際電話もこれがあれば便利!

例えば
ホノルル/ヒルトンが94,800円〜
35日前予約で20階以上海の見える部屋に♪
ホノルル/ハイアット 98,800円〜
35日前予約でオーシャンビュー確約!
ホノルル/マリオット 96,800円〜
35日前予約で海の見える部屋にUPグレード
【名古屋発】早得ハワイ
とにかく早いがお得!ホノルル4ホテル


などなど格安ハワイ旅行満載


タグ:格安ハワイ
posted by aloha1 at 12:53 | hawaii

ハワイの気候

常夏の国『ハワイ』ですが
ハワイの気候は10月〜3月までの雨季と
4月〜9月までの乾季に大別できます。
これからの時期は特に雨の量がおおく気温も最高気温が20度前後の
時もあります。
特に夜は肌寒く感じることも多いのでこれから年末年始にハワイ旅行を予定しているかたは。上着は必要ですね。
タグ:ハワイ
posted by aloha1 at 23:18 | hawaii

ハワイの歴史

ハワイの歴史


ハワイ諸島へ人類が移民してきたのは、4世紀から8世紀頃(史料が乏しくはっきりわかってはいない)で、南方のテ・ヘヌア・エナナ(マルケサス諸島)からと考えられている。この際に使用されたと考えられているのが、航海カヌーと、スター・ナヴィゲーション、ウィンド・コンパスなどと呼ばれる、リモート・オセアニア海域で広く航法技術である。


1795年 カメハメハ1世(大王)が白人たちが持ち込んだ銃器を利用して王族が分立していたハワイ諸島を統一、ハワイ王国を樹立する。


宣教師がアメリカから移住し、キリスト教文化がハワイに定着していく。


アメリカ人によるプランテーション農場のための土地の収奪がはじまる。 現在もハワイの女性の正装であるムームーは、上半身裸が普通であった往時のハワイの女性が、キリスト教的に"淫ら"だとして、宣教師が普及させたものと言われている。


1843年 イギリスがハワイの領有を宣言。


1849年 フランスがハワイの領有を宣言。


ハワイを巡る列強の抗争は激しくなる。


西欧諸国の政治的経済的侵略に危機感を感じていた王は、カイウラニ王女と政略結婚によるハワイ王朝と間の関係強化を画策したが、こちらは明治天皇から丁重に断られた。


1895年1月16日 リリウオカラニ女王が逮捕・幽閉される。


ハワイを併合(米自治領となる)。


以後ハワイはアメリカの太平洋支配の拠点となり、オアフ島のパールハーバー(真珠湾)に大海軍基地が建設された(現在もアメリカ海軍太平洋艦隊の基地がある)。


1941年12月7日(日本時間12月8日) 真珠湾攻撃が大東亜戦争(太平洋戦争)が始まる。


1959年 米国50番目の州に昇格し、リゾート開発が始まる。







posted by aloha1 at 21:10 | hawaii

日系アメリカ人

日系アメリカ人


日系人が多く、出身国(民族)別では最多です。


オアフ島北東地域には、人口は少ないがモルモン教信者のコミュニティも存在します。


日系人の殆どは日本語が話せないが、単語のみを知っていることが多い。観光地であり、旅行会社などハワイ在住の日本人駐在員も多く、その数は約2万人と言われています(実際はもっと多いようです)。


ワイキキ周辺では、日系人以外でも日本語を理解できるものが多いです。聞き取りはできても話せないか、話せても(下手だから)使いたがらないという人も多い。


オアフ以外の島では、都市部の日系人コミュニティを除き、日本語は殆ど通じないと考えた方が良いようです。





posted by aloha1 at 21:10 | hawaii

ハワイの地理

ハワイの地理


ハワイ州はアメリカ合衆国の州である。州(アラスカ州を除く)と同じように境界線が隣接していない1つである。ハワイ州は最南端部です。


最南端部に位置しているのにハワイ州は熱帯地方(Tropics)に位置しています。


キラウエア火山から噴出性の溶岩が流れ出ているため、州域が成長を続けている唯一の州でもある。島々及び環礁から成り立っている。


島は島々(main islands)"と南東部に位置している。島々は北西部から南東部順に、ニイハウ島、カウアイ島、オアフ島、モロカイ島、ラナイ島、マウイ島、並びにハワイ島である。


ハワイ州がハワイ諸島の島々は、海底火山によってつくられた。


現在ハワイ島が地点には、ホットスポットと呼ばれる火山活動の一つが太古から存在する。マントルの活動の結果として太平洋プレートよりも深い地中の一定の場所に存在し続け、直上の海底に向けて噴火活動を繰り返している。太平洋プレートは東太平洋海膨から日本列島・千島列島の方へ向けて移動し続けているため、太平洋プレート上(=海上)から見ると「かつてホットスポットの直上に出来たが、太平洋プレートの移動に連れて位置がずれて活動が停止した火山島」が北西へ向けて列をなしているのがわかる。北西に移動するにつれ、海底に沈みこみハワイ海山群及び天皇海山群とカムチャツカ半島の根元に至る。その海山と島の列の、最も新しい島々が、ハワイ諸島である。







posted by aloha1 at 21:10 | hawaii

芸術・文化

芸術・文化


20世紀に創始された土着音楽として、ハワイアンがあります。


この音楽はカントリーからハワイの伝統音楽とは殆ど無関係ですが、現在ではハワイを代表する芸能の一つとして広く愛好されています。


古代から継承された芸能としてフラがり、 多神教だった古代のハワイ人が祭祀として、ハワイアンは文字を持たないため、歴史の口頭伝承の一環として行って歌と踊りです。


フラ・カヒコ(古典フラ)と、ハワイアン等の現代のポップ音楽を大幅に取り入れたフラ・アウアナ(現代フラ)に分けられます。


毎年4月には、ハワイ島のヒロで、競技会、メリー・モナーク・フェスティバル(Merry Monarch Festival)が行われます。


ポルトガル人がハワイの移民局に移民登録を行った1879年8月23日にちなみ8月23日を日と定めている。由来については諸説あるが、日系人が持ち込んだ和服の布地を転用したのが由来という説も有力です。


ハワイではアロハシャツは男性の正装とされ、州議会や公式の場でもアロハシャツ着用という姿をしばしば目にし、オフィス街であってもスーツ姿はさほど多くありません。


サーフィンはハワイが発祥の地とされていて、古くから近年まで名サーファーを輩出しています。


1975年に建造された航海カヌー「ホクレア」と、航法器具を一切使用しない推測航法技術を復活させたナイノア・トンプソンの活躍は広く知られていて


1976年に行われたホクレア号の最初のタヒチ航海では、出航の儀式でこの歌が歌われました。





posted by aloha1 at 21:10 | hawaii
ハワイ旅行の楽しみは、ホテル、オプショナルツアー、観光、レンタカー、ゴルフ、サーフィン、お土産、天気、諸島めぐりなど色々です。観光だけではなくウエディング挙式や大学留学も魅力です。コンドミニアムへ滞在や不動産を購入も多くみられます。禁煙や時差などの問題もありますが旅行代理店が多くあるので上手に活用すると楽しいハワイ旅行ができます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。