ampa2.jpg ampb10.jpg ampd5.jpg ampd6.jpg

スポンサードリンク ハワイを楽しむ!ハワイのホテル。ハワイ情報。

ハワイでの喫煙場所は

ハワイ州では、11月16日より新禁煙法が施行されました。
ハワイ州が定める公共の場所が禁煙区域と設定される新禁煙法ですが
ハワイへ旅行へ行く愛煙家には辛〜い法律となります。
しかし、全ての場所が禁煙となるわけではありません。
事前に喫煙できる場所を確認しておけばそんなに辛くないハズ?

ハワイでの喫煙可能な場所
@ホノルル国際航空野外エリア
[国際線ターミナル]
1.インターアイランド・ターミナルと国際線到着ビルの間1階中央部分。
2.1階ダイアモンド・ヘッド側グループツアー・エリア(屋根や囲いの無い部分)
3.屋根、囲いのない公共駐車場、ならびに各レンタカー会社駐車場(注意※)
4.2階チケットカウンター前の道路中央帯
5.駐車場の5階(注意※)
[インターアイランド・ターミナル]
1.1階インターアイランド・ターミナルと国際ターミナルの国際線到着ビルの間 マカイ側グループツアー・エリア
2.駐車場の7階(注意※)
[コミューター・ターミナル]
1.コミューター・ターミナルの前の道路中央帯
2.公共駐車場

Aビーチやビーチパーク、公園
Bホテルやモーテルなどの宿泊施設の喫煙ルーム(客室数全体の20%までを喫煙ルームとすることが可能)、喫煙スペース
C民間もしくは半官半民の老人ホームや長期ケアホーム(施設)
D個人の住居

喫煙可能な場所でも、出入り口や窓、階段、エレベーター、換気装置部分より20フィート(約6メートル)圏内は禁煙区域となりますので注意が必要です。

上記記載の場所以外、レストラン、ショッピングセンター、空港内など全ての場所が禁煙となります。

posted by aloha1 at 11:54 | 現地の情報
ハワイ旅行の楽しみは、ホテル、オプショナルツアー、観光、レンタカー、ゴルフ、サーフィン、お土産、天気、諸島めぐりなど色々です。観光だけではなくウエディング挙式や大学留学も魅力です。コンドミニアムへ滞在や不動産を購入も多くみられます。禁煙や時差などの問題もありますが旅行代理店が多くあるので上手に活用すると楽しいハワイ旅行ができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。